研究用新型コロナウイルス
抗体検出キット過去、新型コロナウイルスにかかっていたかがわかる

クオリサーチ「COVID-19 lgG LF」
検出キットの特徴

  • POINT01

    日本国内で製造

    ・試薬の調剤から、抗体検出キットの組み立てまでを一気通貫にて
    日本国内で製造、品質管理
  • POINT02

    日本国内での臨床研究から
    得られた検出基準

    ・豊富な臨床症例から得られた最適な検出・不検出の基準になる
    閾値を実装
  • POINT03

    品質管理の維持

    ・衛生管理のため、血液を採取するランセットは個包装
  • POINT04

    ユーザビリティー向上の
    追求

    ・ユーザビリティー向上のために、血液採取がしやすいキットを開発

クオリサーチ
COVID-19 IgG LF

【研究用】
本製品は体外診断用医薬品ではありません。
診断、治療には使えません。

3,500円(税抜)/個

3,000(税抜)/個

期間限定特別価格

梱包内容

1テストスティック:1枚

2試薬:1本

3サンプラー:1本

(検査キットの日本語取扱説明書付き)
日本語取扱説明書ダウンロード
※検出キットにランセット(穿刺器具)、消毒綿、絆創膏は
 同梱されておりません

ランセット1セット(1個×2)
150(税抜)

送料無料

ランセットに関する情報

※製造販売者:株式会社ライトニックス
※医療機器承認番号:22300BZX00293000
※医療器具49 医療用穿刺器、穿削器及び穿孔器
※管理医療機器 単回使用自動ランセット ピンニックスライト 8 mm
ピンニックスライト添付文書ダウンロード

※1度に購入できる検出キットは50個まで、ランセットは50セットまで
チルドゆうパックにて発送
検出キット製造販売元:セルスペクト株式会社 販売元:株式会社薬王堂
ランセット製造販売元:株式会社ライトニックス 販売元:株式会社薬王堂

購入サイト
(抗体検出キット・ランセット)
購入サイト
(抗体検出キットのみ)

電話でのお問い合わせ

検出キットサポート窓口

電話番号:03-5459-3940

電話受付時間:平日9:00 - 17:00(土・日・祝を除く)

メールでのお問い合わせ

<製品に関するお問い合わせ>
セルスペクト株式会社
メールアドレス:st_support@cellspect.com

<ECサイトに関するお問い合わせ>
株式会社薬王堂
メールアドレス:kit@yakuodo.co.jp

※お問い合わせ内容によっては、数日以上のお時間をいただく場合がございます。

Q&A

本情報は、あくまで一般的事例を紹介したものであり、その効果を保証するものではありません。本情報により生じた損害については弊社では責任を負い兼ねます。
 ランセットの使用方法については、添付文書に従い適切にご使用ください。ランセットおよび、ランセットの使用方法については、ランセット製品の添付文書に記載されている製造販売業者にお問い合わせください。

A. 穿刺前に十分に血行促進をしてください。心臓より手を下にしてグーパーしたり、穿刺する指を揉んだりすると血液が出やすくなります。また、冷え性の方はカイロ等で手を暖めておくと血液が出やすくなる場合があります。ただし手技やコンディションには個人差がありますので、必ずしも穿刺や採血が確実にできるとは限らないことをご理解願います。(穿刺操作については、ランセットの添付文書に記載されている製造販売業者にお問い合わせください。)。

A. 清浄綿等の清潔なもので血液を拭いた後、再度ゆっくりと血玉を作ってください。血液が多く出たままの状態(米粒大ではない状態)でキャピラリーの先端をあてると、キャピラリー内に血液が吸引されにくい場合があります。

A. 穿刺による出血がご心配の際は、ランセット製品の製造販売業者並びに医師にご相談ください。

A. 動画をご覧ください。米粒大の血液を作り、キャピラリーの先端を斜め下からゆっくり近づけて血液に接触させると、自然に吸引が始まります。 (キャピラリーの終端を先端よりも低くすると吸引しやすくなります。キャピラリーの持ち手を穿刺した指先よりも下にすることが重要です。)血液が固まらないように、速やかにスティックに添加してください。

A. 動画をご覧ください。血液が凝固すると、以後、スティックに血液を浸透することができない場合があります。この場合は、予備のキャピラリーを用いて再度採血し、速やかに再操作してください。キャピラリーから試料添加部に浸透させる際は、満遍なくキャピラリーを数回小刻みに上下(つける、離す)を繰り返し、全量を染み込ませてください。もし、全量染み込ませることができなかったとしても、キャピラリーの1/3以上の血液を染み込ませることができれば、本製品の性能に大きな影響は生じませんので、本操作の直後、速やかに試薬を3滴添加して検出操作をしてください。

A. 試薬の量が足りない可能性があります。試薬を直ちに1-2滴添加してください。1分以内に判定窓のシートが濡れ始め、検出終了確認部のラインが視認できます。試薬を添加する際は、液滴が確実に試料添加部に滴下されたことを確認してください。稀に、液滴中に大きな泡を包含してしまうことがあります。この場合、滴下液量が実際の1滴よりも少なくなっていることがあります。速やかに1-2滴追加で滴下すると、2分以内に判定窓のシートが濡れるので、検出終了部のラインの視認をしてください。尚、判定窓のシートが濡れていない場合は、数分経っても検出終了部のラインは発生しませんので、速やかに上記操作を行ってください。

上記を試しても適切に動作している様子が確認できない場合は、スティック全体を撮影した写真画像をセルスペクトサポート(st_support@cellspect.com)までお送りください。

A. 採血量は10μlです。溶血しないように注意深く採取し、試料添加部に緩やかに添加してください。尚、他社製スポイトやピペットの取扱方法によっては、溶血してしまうアイテムも確認されているので、このことを十分に留意の上取り扱ってください。溶血試料を添加した場合は、稀に偽陽性検出される場合がありますので、結果の解釈には十分に注意をお願いいたします。

A. 使用後の廃棄方法は、環境省の「在宅医療に伴い家庭から排出される廃棄物の適正処理について」に基づき
 お住まいの市区町村の指導に従って一般廃棄物として廃棄してください。
環境省「在宅医療に伴い家庭から排出される廃棄物の適正処理について」